電話、インターネット、銀行、郵便、光熱費【アメリカ移住④】

setting-up-4




Naoko
サンディエゴ在住、映画とドラマ♡の英語インストラクターNaokoです。

「アメリカ生活立ち上げシリーズ」の第4弾は、下記の5項目についての情報です。

  1. 電話・インターネット・テレビ
  2. 銀行
  3. クレジットカード
  4. 郵便
  5. 光熱費

今回の段階を終了すれば、生活基盤はほぼ整ったと言えるでしょう。

このシリーズを書くにあたって、アメリカ生活立ち上げに関するサイトをたくさん発見し、読み漁りました。あらためて情報収集の大切さを実感したところです。

1)電話・インターネット・テレビ

phones

私はアメリカで固定電話は契約せず、携帯電話だけを使っています。2009年9月の時点ではiPhone 3が最新型でした。とりあえずは最大手のAT&T で契約。

家を決めた直後、インターネットとケーブルテレビをTime Warner(現在はSpectrum)と契約しました。2年ぐらい契約を続けましたが、携帯電話とバンドル(bundle)で契約したほうが割引があるのでインターネットもケーブルテレビもAT&Tに変えました。

覚えておくと役に立つ英語

bundle: 束にして、という意味で使います。携帯電話だけでなく、ケーブルテレビ、インターネット接続などを一緒に申し込むと割引になるケースが多いです。

例:When you combine AT&T services, you’re getting the best prices available on the services you can’t live without. You can get high speed internet with over 99% reliability and bundle it with the 99% worry-free signal of DIRECTV. Two great products, one low price, and hours of entertainment.

(AT&T websiteより)

安くなるのは嬉しいですが、契約期間のしばりがあります(たいてい2年)。契約よりも短い期間で解約しようとするとペナルティを払わなくてはいけません。

電話が苦手ならチャットで相談しよう

当時のTime Warnerはカスタマーサービスが最悪でした。解約して本当にスッキリしたのを覚えています。

AT&Tは大手なので安くはないけれども安定したサービスを提供してくれます。私が気に入っているのはウェブ上でできるライブチャット (Live Chat) 。これ、私にとってはとてもありがたいのです!数字などの細かいことを電話で相談するのは誤解や間違いが起こる不安があるので、私はまずチャットで相談します。不具合や不満を伝えたり、割引交渉するときなど、電話よりチャットのほうがハードルが低いし、何より正確です。チャットは履歴を保存できるので言った言わないのケンカになりません。

AT&Tサイトの画面右下には、いつも”Live Chat”と出ています。リアルタイムでチャットできますよ、ということ。

live chat at&t

オレンジ部分をクリックすると、こんな画面に。

at&t chat start

“Chat”をクリックすると、文字入力(つまりチャット)で話ができるのです。このサービスの有無は、私にとって大きなポイントです。

補足
今現在、チャットでやりとりできる会社はとても多いです。AT&Tだけのサービスではありません。

アメリカで生活していて思うのは、ある程度のお金を払わないと期待通りのサービスは受けられないということ。携帯電話の格安サービスは節約という意味では魅力的ですが、何か問題が起きたときに迅速にきちんと対応してもらえるかどうか不安です。カスタマーサービスに電話して延々と待たされるというのは日常茶飯事ですが、時間の無駄だしストレスも溜まります。料金も安くてサービスもいい会社を探す努力をしないといけないのでしょうね。

ケーブルテレビは必要か?

cordcutting

https://kinkeadtech.com/ultimate-guide-to-cord-cutting/

実は今、ケーブルテレビを解約しようかと思案中。今はテレビ局の番組よりも、Netflix、Amazon Prime, Huluなどを見ることのほうが断然多いからです。ケーブルテレビの契約で見るものといえば、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞などの授賞式だけ。

しかも、デジタルアンテナを使えば、基本的な地元のテレビ局は見られるということをつい先日知りました(遅すぎる!)。アメリカでテレビを見るならケーブルテレビ契約がないとダメだと思っていたのです。これまたマヌケな思い込み。

デジタルアンテナは20ドル前後で買えることを知り、早速購入。つなげてみたところ、基本的な局は確かに見ることができます。でも、なんとなくサエない。まず録画ができません。豊富なチャンネル数、便利な録画機能やサーチ機能に慣れてしまうと、地元局だけというのがひどく貧弱に思えます。

ケーブルテレビを解約することを、英語では cutting cordと言います。確かに節約になるけど、まだ揺れている私。もうしばらく研究して、じっくり考えてみます。

2018年12月8日追記:とうとうケーブルテレビを解約しました!

2)銀行

 

bank

口座開設

あなたがまだSSNを持っていなくても、配偶者がSSNを持っていれば銀行に共同名義口座を開くことができます。共同名義口座であれば、小切手も2人どちらの署名でも有効なので便利。私も共同名義口座です。

小切手(チェック)の書き方

アメリカではよく小切手(personal check)を使います。子どもの学校の遠足代や、イベントへの寄付など、さまざまな場面で小切手が必要になります。

口座開設にいったときに、窓口の人に小切手の書き方を教えてもらってもいいですね。英語の練習にもなります。私が調べて最もわかりやすかった説明はこちら↓。

動画(英語)の説明でわかりやすかったものはこれ↓。英語字幕を出して見るといいですよ。

覚えておくと役に立つ英語
  • payable to / pay to the order of : 小切手の宛先
  • endorse: (小切手に)裏書きする、署名する
  • withdraw:(お金を)引き出す
  • deposit:(お金を)入金する
  • transfer: 送金する

小切手を入金するとき

自分宛に小切手が送られてきて、それを自分の口座に入金(deposit)する場合は、小切手の裏面にあるendorse欄に忘れずにサインをしてから入金してください。

でも今は、スマートフォンで小切手の写真(表裏)をとって入金できるサービスもあります。まだ私は利用したことがありませんが、わざわざATMに行かなくていいというのはとても便利。近いうちに使ってみます。

意外とやっかいな英語の数字

数字を英語で書くのは結構てこずります。間違いがないように気をつけないと!

数字をアルファベットに変換してくれる便利なサイトがありました。

注意

数字の4は four ですが、40になると u がない forty になります。なんで?って感じですが、そういうものだと(我慢して)覚えておいてください。英語は不規則なルールが多すぎます!

3)クレジットカード

アメリカでのクレジットヒストリー(信用履歴)がなくて、クレジットカードが作れないこともあります。そういう場合は、渡米前に日本でANA CARD U.S.A.JAL USA CARDを申し込むことができます。SSNをもらったら、その番号を忘れずにクレジットカード会社に伝えてくださいね。そこからクレジットヒストリーが始まります。

銀行口座と同じように配偶者の家族会員としてクレジットカードを申請すると、アカウントが1つなので管理がラクです。

クレジットカード選びに役に立つサイト

長く滞在する予定であれば、アメリカのクレジットカードを申し込むといいと思います。ご自分のライフスタイルにあったカードを探してみてください。

credit card

アメリカでクレジットカードを作る場合に参考になるサイトを厳選しました。

おすすめサイトの記事を読んでいたら、私が今持っているクレジットカードよりもお得なカードがたくさんあるのを発見!気に入ったものをいくつか申し込み、届くのを待っています。届いたら、今使っているけどあまり条件のよくない(キャッシュバックが低い)カードを解約する予定です。

こまめな情報収集は大切ですね。手続きが面倒で、どうしても行動が遅くなってしまいがちなところを変えなくては!

4)郵便

アメリカの郵便局はUSPS(United States Postal Service)といいます。

USPS logo

紛らわしい名前のUPS(United Parcel Service)は宅配業者です。アマゾンで買った商品を返品するときは、いつも近所のUPSに持ち込んでいます。

UPS logo

USPSのForever Stampについて

オンラインの発達で、切手を使う機会はめっきり減りました。切手を使うのは、年末のグリーティングカードを出すときぐらい。アメリカ国内ではForever Stamp、アメリカ以外の国(主に日本ですが)にはGlobal Forever Stampを使います。

アメリカ国内で使えるのはForever Stampという切手です。これ1枚で、重さが1オンス(約28グラム)以内ならアメリカ国内どこでも届きます。シールになっているので貼るのが簡単。日本の切手のように水で濡らす必要がありません。

domestic forever stamp

年末のグリーティングカードをアメリカ以外の国に送る場合は、Global Foever Stampを使います。サイズが横約15センチ縦11センチ以内、重さが1オンス(約28グラム)以下であれば、Global Foever Stamp1枚貼れば届きます。

global forever stamp

郵便についての情報は下記のサイトが飛び抜けてわかりやすかったです。

郵便ポストに出しに行く必要はない

日本だと郵便はポストに入れるか郵便局に出しに行きますよね。アメリカの場合(特に集合住宅)は、自分の受け取り場所(メールステーション、メールキオスクなどと呼ばれるらしい)の横に必ずoutgoing mailが入れられるスポットがあるのです。下の写真だと、12と13の間にあります。

mail boxes

自分のボックスに届いた郵便物は、鍵を使って開けて取り出します。出したい郵便物があれば、その時ついでに投函できるわけです。実に合理的!

渡米してから半年ぐらい、私はこのシステムを知らなかったのでわざわざ郵便ポストまで出しに行ってました。「一言教えてくれたっていいのに!」と大家さんに対して憤りを覚えましたが、きっとアメリカで生活している人たちにとっては当たり前すぎて、わざわざ教えるまでもないと思ったのでしょうね。

要点をささっと読みとる力も必要

お知らせ、請求書、広告など、いろいろな郵便物が毎日届きます。捨ててはいけない大事な書類なのか、ただのジャンクメールなのか、それを判別しなくてはなりません。大して重要ではないものを短時間で読む力が必要になってきます。

シンプルな白い封筒で、重要マークもついていないけど中を開けてみたら大事な書類だったりすることがあります。だから私は、中を見ずに捨てるということはせず、封書はすべて開けてささっと読みます。

中には悪質なダイレクトメールもあるのでご注意ください。ファイナンシャルなことに関して、私がいつも頼りにしている下記のブログにもこんな記事がありました。

Smart & Responsible:いかにもオフィシャルっぽい悪質DMにご注意を

怪しいと思ったら、差出元の会社をウェブで検索してみましょう。たくさん苦情が出ているかもしれません。

前の住人宛の郵便物はどうする?

引っ越してからしばらくは、前の住人宛に郵便物が届くことがあります。前の住人が郵便局で転送手続きをしていても、手違いで届くことがあるのです。

そういう場合は、開封せずに“Return to sender” , “No longer lives at this address” と書いて投函しましょう。わざわざ書いて返送せず、単に捨てている人も多いとは思いますが。

return to sender

How Can I Stop Getting Mail Addressed to Someone Else? from Lifehacker.com

5) ガス・電気・水道

家が決まったら、電気ガスと水道の利用開始をそれぞれ電気ガス会社と水道局に連絡しないといけません。どうやって連絡したらいいか、不動産エージェントか大家さんに聞いてみてください。

たいてい、家の引き渡しのときに家まわりの書類一式をもらえます。その中に、諸手続きの連絡先一覧が書いてあります。

自動引き落としがおすすめ

電気ガスと水道、すべて自動引き落としにできます。請求書に”enroll online payment”あるいは“pay online”と書いてありますので、指定のウェブサイトで設定するだけ。

自動引き落としにすれば、うっかり払い忘れることがなくなります。また、小切手を書く手間も省けて封筒と切手代も節約できますよ。

そういう私も実は、つい去年まで水道料金は小切手を書いて郵送していました。もっと早く自動引き落としにしていれば切手と封筒代を節約できたのに!と思います。なぜか「水道代は小切手で払う」という思い込みがあったのですね。

習慣というのは、良い意味でも悪い意味でも強力です。反省。

最後に

今回は盛りだくさんの内容でした。

アメリカにおける生活基盤はほぼ整いましたね。

ここからがいよいよ本番です!お子さんがいる方は学校とのやりとり、病院・歯医者などの予約、友達とのプレイデートなど、あらゆる場面で英語力が必要になってきます。

英語はぺらぺらじゃなくていいのです。大事なのは「いざという時の英語力」

このブログでは、「いざという時の英語力」を身につけるための情報をたくさんお届けしていきます。どうぞお楽しみに!

しなやかにたくましく、アメリカ生活を楽しみましょう。

Have a wonderful day!

ソーシャルセキュリティーナンバーと運転免許は必須!【アメリカ移住③】

2018.05.22

家具や生活用品のオススメはこれ!【アメリカ移住②】

2018.05.21

ダンボールは捨てないで!海外引越準備と家さがし【アメリカ移住①】

2018.05.18




ABOUTこの記事をかいた人

サンディエゴ在住の英語インストラクター。字幕翻訳家の顔も持つ。一人では挫折しがちな英語学習を、スキマ時間の英語チャットで習慣づけするサービス「チャットde英語レッスン」を提供中。趣味は映画・テレビドラマ観賞、読書、ピラティス。娘が2人。