英語は武器になる!子どもに教えておきたい英語フレーズ

子どもの英語




Naoko
サンディエゴ在住、映画とドラマ💕の英語インストラクターNaokoです。

子連れでアメリカに移住した場合、大人だけでなく子どもも英語で苦労します。

「子どもはスポンジみたいに英語をすぐ吸収しちゃうのね〜」とよく聞きます。

たしかに大人よりは上達が早いかもしれません。

でも、とつぜん英語だけの環境に放り込まれた子どもの身になってみてください。

パパもママもいない。知っている友達もいない。しかも言葉が通じない!

どうしたらいいかわからない状況のなか、必死に食らいついていって、友達を作り、遊び、英語が使えるようになっていくのです。

英語に慣れていない子どもにとって、現地校は孤立無援の戦場のようなもの。だからこそ、英語は「意思疎通のツール」というだけでなく「武器」なのです。

今回は、お子さんに教えておいてほしい英語フレーズをご紹介します。

これはマスト!な英語フレーズ

大切な3つの言葉

Thank you学校だけではなく英語圏で生活するなら絶対に覚えておくべき基本。この3つだけは必ず言えるようにしておきましょう。

  • Thank you.
  • Please.
  • Excuse me.

この3つのフレーズについて詳しく書いたのが下の記事です。ぜひあわせてお読みください。

礼儀知らずだと思われたくないなら覚えておくべき英語フレーズ3つ

2018年6月15日

名前

自分の名前を言えるようにしておきましょう。

What’s your name?(お名前は?)

と聞かれたら

I’m 〇〇. / My name is 〇〇.

と答えられるように。

あいさつ

あいさつも大事です。

How are you? と聞かれたら

I’m good. / Good. と答えられるように。

【英語の基本中の基本】”How are you?” の返事は “I’m fine.” じゃないよ!

2017年10月24日

具合が悪いとき

feel sick

学校で具合が悪くなったときの言い方です。

  • I feel sick.(具合がよくありません)
  • I’m not feeling well.(具合がよくありません)
  • My stomach hurts.(おなかが痛いんです)
  • I have a head ache.(頭が痛いです)
  • I’m feverish.(熱っぽいです)
body condition english

【使える英語】痛い!しんどい!体の不調を伝える英語フレーズ

2019年2月12日

保健室に行きたいとき

保健室(the nurse’s office)に行きたいときは先生に許可をもらいます。

May I 〜?という言い方を覚えておきましょう。

  • I’m not feeling well. May I go the the nurse’s office ?(具合が悪いんです。保健室にいってもいいですか?)
  • May I be excused? I need to go to the nurse’s office.(保健室にいってもいいですか?)
補足

May I be excused?」という表現は、食事を終えた子どもが親(あるいは大人)に「もうテーブルを離れてもいいですか?」と聞くときにも使います。

トイレに行きたいとき

bathroom

休み時間になるのを待つ必要はありません。

手を上げて先生にこう言います。

May I go to the bathroom?(トイレに行ってもいいですか?)

必ず先生に許可をもらってからトイレに行くように教えてください。

子ども同士の英語

学校では、先生よりも子ども同士で話すほうが多いです。特に遊ぶときの会話は覚えておくといいですよ!

一緒に遊びたい

play in the park

  • Can I play with you?(一緒に遊んでもいい?)
  • Can I play too? (いれて)
  • Can I be your friend? (お友達になってくれる?)
  • Let’s play tag!(鬼ごっこして遊ぼ!)
  • Can I use it? (使ってもいい?)
  • Can you do this?(これできる?)
  • Copy me!(マネしてみて!)
  • Can you push me?(押してくれない?*ブランコで)
  • Can you show me how to do it?(どうやるのか、教えて)
  • Do you wanna have a playdate?(プレイデートする?)
  • Do you wanna have a sleepover?(お泊りする?)

ケンカ

けんか
  • That’s not fair!(ずるい!)
  • You are mean.(イジワル!)
  • You should share!(使わせてよ!)
  • Mom, he/she doesn’t share! (ママ、この子が貸してくれない!)
  • That’s mine.(それ、僕の/私の。)
  • Give it back!(返して!)
  • I’m gonna tell on you! (言いつけるから!)
  • I’m not playing with you anymore.(もう遊ばない!)
  • I don’t like you.(もう嫌い)
  • I don’t want to.(やりたくない)
  • I don’t feel like it.(やりたくない)
おまけ
No cuts, no butts, no coconuts.(横入りしたらダメ!)

子どもはよく韻をふむ言い方をします♪

大人が子どもに注意するとき

kid

泣き出したりケンカになったりしたときは、大人が仲裁する必要があります。

  • Sharing is caring./ Can you share? (シェアしようね)
  • Take turns.(順番にね)
  • Play nicely.(仲良く遊ぼう)
  • No running! (走らないで)
  • No screaming!(大声ださないで)
補足
Don’t run! よりも、No running!のほうが柔らかい言い方です。
プレイデート1

英語でプレイデートの約束をしよう!すぐに使えるカンタン英語例文つき!

2017年11月3日

小学校高学年あたりから

teens
【ちょっとオマセな英語】

  • I have a crush on Thomas.(私、トーマスが好き:*crush は「好きな子」「気になる子」のこと)
  • I have so many crushes! (気になる男の子がいっぱい!)
  • I’ll hangout with friends after school today. (放課後、友達とハングアウトするから)
補足
小学校までは放課後や休みの日に遊ぶことを playdate といいますが、中学校からは hangout というようになります。

現役教師からのアドバイス

サンディエゴで先生をやっている友人がいます。先生の立場から「これは言えるようにしておくといい英語フレーズ」をいくつか挙げてもらいました。

先生に対しては、ていねいな言い方をすること(would you please, May I 〜など)を子どもに教えておきましょう。

先生の質問がわからないとき

teacher
  • I’m sorry, I don’t understand the question.(すみません、質問の意味がわかりません)
  • I’m sorry, I understand the question, but I don’t know how to answer.(すみません、質問の意味はわかるのですが、どう答えたらいいのかわかりません)
  • Would you please repeat the question?(もう一度質問を言ってもらえますか?)
  • Would you please write it down? I might understand the question better.(質問を紙に書いてもらえますか?そうしてもらえると意味がわかるかもしれません)
snacklunch

新学期がスタート!知っていると役に立つ3つのこと【アメリカ現地校】

2018年8月7日

席を変えてほしいとき

classroom
  • May I switch seats closer to the front of the class?(席を前のほうに移動してもいいですか?)
  • I’m having a hard time concentrating in class, may I switch seats?(集中できないので、席を変えてもいいですか?)

宿題やテストについて

homework
  • I”m going on a vacation next week. Is there any homework I can take with me or do in advance? (来週バケーションにいくので、事前にやっておける宿題はありますか?)
  • Will the test be multiple choice or short answers?(テストはマークシート方式ですか、短く答えるタイプですか?)
  • Is there a make-up for the test I missed?(休んでしまったテストの受け直しはできますか?)
email from teachers

【アメリカ現地校】先生からメールが届いたときに押さえたいポイント3つ

2019年1月31日

何か食べ物をすすめられたとき

  • Thank you, but I have food allergy and I’m not comfortable eating that.(ありがとうございます、でもアレルギーがあるので食べたくありません)
  • No thank you. I have food allergy.(結構です。食べ物にアレルギーがあるので)

その他

  • I’m sorry. I didn’t know today was crazy hair day.(すみません、今日がクレイジーヘアデイだと知らなかったんです)

アメリカの学校には、「クレイジーヘアデイ」(できるだけクレイジーで個性的な髪型をしていく日)と、「クレイジーソックスデイ」(とんでもないソックスを履いていく日)があります。

どんな髪型?どんなソックス?と興味がある方は、下記のリンクをどうぞ!

まとめ

いかがでしたか?

「子どもなのに、こんなに難しい英語を覚えておかなきゃいけないの?」と思った方もいるでしょう。

でも、英語で説明できないと誰にもわかってもらえないのです。

自分が言いたいことを伝えるために「武器」としての英語を磨いておくことが必要なのは、大人だけではなく子どもも同じです。

私自身、2009年にサンディエゴに移住したときのことを思い出すと、今でも胸が痛くなります。5歳の長女に英語を教えておかなかったから、かなり英語で苦労させました。

「なんでアメリカは英語なの〜!」と泣かれた夜を忘れたことはありません。

この記事が、英語圏で生活を始めたお子さんたちの役に立つことを祈っています。

Have a wonderful day!

school related english

意外と知らない!?アメリカ現地校で使われている英語

2019年2月2日

 




ABOUTこの記事をかいた人

映画とドラマをこよなく愛する英語インストラクター。オンラインで英語を教えています。2009年からサンディエゴ在住、元字幕翻訳家。趣味は映画/ドラマ観賞、読書、ピラティス。娘が2人。