【アメリカ移住】パート1:引越し準備&家さがし情報

setting-up-1

こんにちは!

サンディエゴ在住の英語インストラクターNaokoです。

今回から「アメリカ移住シリーズ」と銘打って、アメリカで暮らすことになったときの準備・お役立ち情報をお伝えしていきます。

はじめに

夏が近づいてくると、サンディゴに移住した2009年の夏を思い出します。

「海外移住」と聞くと夢いっぱいに聞こえるかもしれませんが、金銭的にも肉体的にも精神的にも相当のストレスがかかります。2009年の夏を思い返すと、今でも胃がキュウッと締めつけられるほどです。

でも!その苦労は無駄にはなりませんよ〜!(と声を大にして言いたい)

私はアメリカに移住して本当によかった、と思います。頭でっかちの優等生を卒業して、毎日の生活に困らないリアルな英語力を身につけることができました。日本で生活を続けていたら、いつまでも「英語が話せない字幕翻訳家」として劣等感に悩まされていたと思います。

アメリカ生活はいいことばかりではなく、厄介なこと(健康保険とか犯罪とか)も多いです。でも自分で選んできた道はまっすぐに夢につながっている、と確信しています。

私の夢は「場所や時間に縛られない、自分の好きなことを仕事でお金を貯めて、眺めのいい家に住み、世界各地を旅すること」。まだどれも準備段階ですが、夢を実現させるために毎日がんばっています。

アメリカでは私と夫は移民1世なので娘2人以外の家族がいません。娘2人が家庭を持ったら、感謝祭やクリスマスには家族を連れて遊びにきてほしい、なんて気が早いですが今から楽しみにしています。

アメリカで暮らすことになった方、いつか暮らしたいと思っている方に、私の体験談が役に立てばうれしいです。

第1弾は、引越しの準備と家探しについてです。

日本での出発準備

日本からアメリカに生活拠点を移すにあたって私が担当したのは2つ。

  • 海外引越しの手配
  • 家電・家具の処分

夫は査証(ビザ)の準備と仕事でてんやわんやでした。役割分担は大切です。

海外引越しの手配

海外引越しの場合、荷物は航空便と船便に分けます。

  • 航空便:すぐに使いたいもの、小さくて軽いもの(到着まで2週間)
  • 船便:しばらくなくても困らないもの、大きくて重いもの(到着まで1〜2か月)

我が家がお願いした引越し業者は日通さんでした。本当にプロフェッショナルで、素早く作業をしてくれます。薄くてデリケートなワイングラスも、1つも割れずにサンディエゴに届きました。私はこの経験以来、すっかり日通ファンです。

それだけの丁寧なサービスですから、もちろん料金もお高い!ざっくりですが100万円以上かかりました。

我が家の場合は日本企業のアメリカ駐在ではなく、夫の個人ビジネスでの移住。何から何まで、すべて自腹でした。航空便の値段にびっくりして、泣く泣く処分することにした私物はダンボールいくつ分だったか(涙)。 かなり無理やりな断捨離でした。

日本の引越しダンボールは貴重品、捨てないで!

ここで言っておきたい大事なことがあります。

日本の引越業者のダンボールはアメリカでは貴重品。お宝です!保管するスペースがあるなら、ぜひ保管しておいてください。私はそれを知らずに捨ててしまい、あとで泣きました。

日本に戻る際、日本の運送会社を使える場合は捨ててもいいでしょう。でも捨てる前に、「誰かダンボール要りますか?」と周りに声をかけてみてください。きっと欲しいという人がいるはずです。

というのも、アメリカの引越業者はダンボールをくれないからです。自分で用意しなくてはなりません。Home DepotやCostcoなどで買うことになるのですが、日通の分厚くて頑丈なダンボールと比べたら笑ってしまうほど薄っぺらです。

家電・家具(+ゴミ)の処分には事前のお願いがポイント

使っていた家具・家電は家族や知り合いに譲る以外は、お金を払って粗大ゴミに出しました。もっと余裕があればヤフオクなどで売ることもできたかもしれませんが、あいにく私にそんな余裕はありませんでした。

飛行機に乗る数日前、引越し作業がクライマックスになっている時に娘が2人とも病気になりました。親のストレスが子どもに伝わったのかもしれませんね。2人とも病児保育にお願いしたことを覚えています。出発当日には治ってくれて本当によかった!

船便と航空便も出してしまうと、あとは必要最低限のものしかありません。ベッドとマットレスも処分してしまったので、私と夫は床に寝るしかありませんでした。子どもには小さな布団を残しておきましたが、引越し作業で腰が痛いときに床にタオルを敷いて寝るのはつらかったです。実際、ブックオフに大量の本やCDを売りに行く往復を繰り返していたため、ぎっくり腰寸前になっていました。

今から思えば、大家さんに不用品とゴミの処分を事前にお願いしておけばよかったのです(もちろんお金を払う意思を伝えて)。そうすればマットレスか敷布団ぐらいなら最後まで置いておけたはずです。

日本での生活をたたむわけですから、思っている以上のゴミが出ます。まさかと思うほどの量です。もちろんゴミ捨て場には置ききれません。結局、家の中にゴミ袋を置いておくことになってしまいました。置き土産が大量のゴミ袋なんて、申し訳ないやら恥ずかしいやら…

やはり「備えあれば憂いなし」というのは真実です。

アメリカでの家探し

サンディエゴに住んでいる、夫のビジネスパートナーの奥様が日本人だったので、彼女からの情報に助けられました。子育てに向いている場所は学校のレベルが高い地域だということを教えてもらったので、ある程度住みたい場所を絞り込むことができました。

事前の下調べ・情報収集は必須です。現地の生の声、口コミを調べてくださいね。

夫の知り合いのつてで紹介してもらったリアルターの女性に、サンディエゴに到着した翌日から早速いろいろな物件を見せてもらいました。

正直言って、家を見て回っても何を基準に決めればいいのかわかりませんでした。東京に比べたら広くて安く感じますが、どうにも自分たちが住むという実感が湧かないのです。

事前に賃貸物件サイトで相場を調べておけばよかった、と思います。

賃貸物件サイトで下調べ

下記のサイトで賃貸物件をいろいろ見ておくと、具体的なイメージがつかめるでしょう。

何を優先するかは人それぞれです。私の場合は、まず「いい学校区域内で住む場所を確保すること」だけを考えていました。

とりあえずは賃貸でしょうから、あまり細かい部分にこだわらず、気に入らなかったら引っ越せばいいと思います。

ただ、子どもがせっかく慣れた学校を変えなくてはならない場所に引っ越すのはよく考えたほうがいいでしょう。実は私も最初の家から出ようと思った時、違う学区を検討したのです。友人に相談したら、すごく反対されました。長女がようやく英語も困らなくなり学校生活を楽しめるようになったのに、また違う学校で新しい友達を作るのは可哀想だ、と説得されたのです。たしかにそうですよね。結局、学区は一度も変えていません。

この記事もおすすめ

家は小さく始めよう

最初の家は小さく始めるといいと思います。我が家は最初の家が広めだったので、家具もそれに合わせて大きめなものを買いました。しかし2軒目の家は最初の家より狭かったので、せっかく買った家具をいくつか処分しなくてはいけなかったし、家具が大きすぎてイヤだなといつも心のどこかで感じていました。家は小さく始めることをオススメします。

学校が徒歩圏のメリット

もし車の運転が大の苦手だったら、子どもの学校が徒歩圏だといいですね。

私は運転は苦になりませんが、学校の送り迎えは車でするものだと思い込んでいたので、最初の家探しのとき学校までの距離は気にしていませんでした。

しかし今は2回の引越しを経て、娘が2人とも学校に歩いて通える状況にあります。ガソリンの節約にもなるし、歩くから体にもいい。私は満足しています。

学校のイベントのときは、保護者がいっせいに学校に集まるので駐車スペースを見つけるのに苦労します。その点でも、徒歩圏であればストレスゼロです!

最後に

 

海外引越し準備と家探しについての記事、いかがでしたか?

今回の記事のポイントは3つ。

  • 不用品・ゴミの処分は事前の手配が肝心
  • 日本の引越し会社のダンボールは捨てない
  • 家は小さく始める

 

Have a wonderful day!

 

 


チャットde英語レッスン

英語を使いたいけど、使うチャンスがない方。手軽なチャットで毎日英語でやりとりをして、英語を使う習慣をつけましょう。間違い、大歓迎!わかりにくい部分は日本語で丁寧に説明します。


ABOUTこの記事をかいた人

サンディエゴ在住の英語インストラクター。字幕翻訳家の顔も持つ。一人では挫折しがちな英語学習を、スキマ時間の英語チャットで習慣づけするサービス「チャットde英語レッスン」を提供中。趣味は映画・テレビドラマ観賞、読書、ピラティス。娘が2人。