おしどり夫婦はうわべだけ?深い亀裂に悩む熟年夫婦ジークとカミーユ【ペアレントフッド⑥】

ペアレントフッド6




Naoko
サンディエゴ在住、映画とドラマ💗の英語インストラクターNaokoです。

家族ドラマ「ペアレントフッド」で学ぶ英会話シリーズ第6弾。

今回はブレイバーマン家の家長的存在であるジークとカミーユにフォーカスします♪

(ドラマのセリフはSpringfield! Springfield!から。日本語は私の拙訳。)

おしどり夫婦に見えても、実はいろいろあります

zeek-camille

ジークとカミーユは、46年つれそっているおしどり夫婦です。

ジークは体も声も大きく、まわりのことは気にしないタイプ。カミーユは専業主婦として4人の子どもの世話に専念してきましたが、彼らが独立した今は趣味にいそしんでいます。

はたから見れば、悠々自適な老後生活に見えますね。

しかし、ジークが長男アダムに不動産投資の失敗を告白したところから、ジークとカミーユの関係が険悪になっていきます。

昔、カミーユがジークにプレゼントした「 Z 」のイニシャル入りのカフリンクス(ワイシャツの袖のボタン穴につける装飾品)が質屋に入っていることをサラが発見。カフリンクスだけでなく、お宝ものの有名野球選手のサインボールまで質に入れていました。

そこまでしなくてはならないほど経済的に困った状態にあることをカミーユにはひと言も言わないジーク。アダム、サラ、クロスビー、ジュリアの4人は、なんとか父親を助けようとしますが…

ジークには笑い話でも、カミーユにとっては?

長い時間がたって忘れたように思えても、ちょっと触れられるとズキズキ痛みだす記憶はだれにでもあるのではないでしょうか。

ジークにとっては大笑いした記憶でも、カミーユにとっては違ったのです。

【シーズン1 第8話】

キッチンで後片付けをしているカミーユに、ジークが話しかけます。

ジーク
Now, we were talking about trips, going to the Grand Canyon and all that stuff.(グランドキャニオンに旅行したのを覚えてるかい?)

Now, was it Adam or Crosby that vomited on your head?(車でお前の頭にゲロ吐いたのはアダムだっけ、クロスビーだっけ?)

It was Sarah.(サラだったかな。)

カミーユ
Boy, you really don’t remember, do you?(あなた、本当に覚えてないのね。)
ジーク
Well, I mean, there was so much going on. You know, there’s been a quite a background of information. I can’t keep track of all of it.(いろんなことがあったから、こまかいことまで全部覚えていられないよ。)
カミーユ
Well, maybe that was because the vomit wasn’t dripping down your face.(きっと、ゲロが顔からしたたり落ちているのが自分じゃなかったからでしょう。)

You were too busy laughing.(ずいぶん大笑いしてたものね。)

ジーク
Well, you’ve got to admit it was funny.(笑えたのは認めるだろ。)
カミーユ
This is the way it went.(説明してあげましょうか。)

Julia got sick and threw up in my hair.(ジュリアが車に酔って、私の髪の毛に吐いた。)

She was screaming her little heart out.(ジュリアはずっと大声で泣き叫んでいたからー)

I was trying to comfort her while wiping puke out of my eyes.(私はゲロが入った目をこすりながら、なんとかジュリアを落ち着かせようとしたわ。)

You were too busy laughing to even think about helping.(あなたは笑うのに忙しくて、私を手伝おうなんて思いもしなかったみたい。)

You did me the big favor of pulling into a gas station.(優しいあなたはガソリンスタンドに寄ってくれたわ。)

While you were filling up the tank, I was in that disgusting bathroom trying to wash the vomit out of my hair, under the faucet in the sink.(あなたがガソリンを入れているあいだ、私は汚いトイレで髪についたゲロを洗い流してましたよ。)

ジーク
Well Millie, I never knew it upset you that much.(カミーユ、そんなにイヤな思いをさせてたとは知らなかったよ。)

Would you accept a belated apology? I’m sorry.(今さらだけど、本当にすまなかった。)

ジークがあやまっても、カミーユはこわ〜い顔のまま。

angry-camille

©2018 NBCUniversal Media, LLC

ジークにとっては笑い話の1つに過ぎないかったこの話。カミーユがどんな気持ちで汚いトイレで子どものゲロを洗っていたかなんて、この会話をするまでは気づきもしなかったのです。

「なんて無神経な男!」と、私までイライラしました。

きっとこういうエピソードは46年間の結婚生活で数えきれないほどあったと思います。私も、結婚生活と子育てを通じて「ガマンと妥協」を覚えました(笑)。

使える英語フレーズ
  • 「吐く」という意味の動詞。子育て中のママが知っていて損はない表現です。

vomit / puke / throw up / barf / hurl

  • belated apology:もっと前に言うべきだった謝罪の言葉

belated birthday gift:誕生日当日に渡しそびれたプレゼント

【例】誕生日当日にメッセージができなかったとき:

Sorry it’s late… but happy belated birthday!:遅ればせながら、誕生日おめでとう!

堪忍袋の緒が切れたカミーユ

ジークの不動産投資の失敗を知ったとき、カミーユの中で何かがプチッと切れます。

46年間という長い年月のあいだ、カミーユの中に積もりに積もった怒りがバクハツしてしまったのです。子どものために自分を犠牲にしてきたカミーユの、堪忍袋の緒が切れた瞬間でした。

ジークはカミーユに家を追い出されて、子どもたちの家を泊まり歩くことに…

ジークは浮気もしていた!

【シーズン1 第10話】

不動産投資の失敗を知ったあと、カミーユはサラに言います。

カミーユ
We’ve had money problems before, and we’ll have them again.(前にもお金の問題はあったわ。またか、という感じよ。)

What I care about is that your father doesn’t respect me enough to tell me what’s going on.(頭にくるのは、ジークが私に何も言わないこと。私は相談するに値しない人間だと思ってるんだわ。)

Oh, Mom, it’s You know how he is.(父さんの性格、わかってるでしょ。)

I’m sure he just doesn’t want to worry you, you know? (母さんを心配させたくないだけだと思う。)

カミーユ
No, there’s been a lot of lying going on for a lot of years.Not just about money.(ちがうわ。もう何年もずっとウソばかりだったわ。お金のことだけじゃないの。)
What do you mean?(どういう意味?)
カミーユ
There was a woman, up north.(女がいたのよ。)
Oh, Mom.
カミーユ
I covered for him. I’ve been covering for him for years, (ずっとあなたたちには隠してきたわ。)

telling myself that I was doing it for you kids and(あなたたちのために我慢しようって、自分に言い聞かせてきた。)

you know, it’s only partly true.(でもそれがすべての理由じゃないわ。)

So I I don’t know. I just couldn’t, for some reason, confront him about it.(どういうわけか、彼を問いただすことができなかった。)

So I let it go. I just let it go. And now you know.(だから、何もなかったように暮らしたの。)

Mom.
カミーユ
Don’t tell the others about it, okay?(アダムたちには言わないでね。)
Okay.

そしてこのあと、カミーユはジークを家から追い出します。

使える英語フレーズ

for some reason:どういうわけか、なぜかわからないけど

よく使う表現です。日本語でも「なんでかかわからないけど」と前置きすることがありますよね。まさにそれ。

この some は「なにか、何らかの」という具体的にはわからない何かという意味なので、reason が単数形。複数形の s はつきません。

例文: For some reason, I’m craving pancakes right now.(なぜかわからないけど、いま無性にホットケーキが食べたい!)

もうガマンしないことに決めたカミーユ

カミーユは、ずっと心の中で温めていたアイデアを実行することに決めます。

カミーユ
You know how I’ve been talking about turning the attic into my art studio? I’m finally going to do it.(ずっと考えてた、屋根裏部屋を私のアトリエにするアイデア。実行することに決めたわ。)
Now?(今?)
カミーユ
Yeah. And there’s a lot of junk up there.(そう。で、ガラクタを処分したいの。)
Junk? Mom, all of our childhood stuff is up there.(ガラクタじゃないわ。私たちの子どもの頃の思い出よ。)
カミーユ
Yeah, well, you’re going to have to go through it and see what you want. (ほしいものは持って行って。)

And ask your brothers and your sister if they’ll go through it, too.(兄弟にも言っておいてちょうだい。)

Anything that’s important to them, they should take home,(とっておきたい大事なものは、自分の家に持って行くこと。)

‘cause whatever’s left I’m gonna, you know, either give away or burn.(残ったものは誰かにゆずるか、燃やすから。)

Burn? Mom!(燃やすって、そんな!)

いつも家族を優先して、自分を犠牲にするのが当たり前の生活を続けてきたカミーユですが、もう違います。

はたしてジークはカミーユに許してもらえるのでしょうか?

まとめ

仲良く幸せに暮らしていると思っていた両親が別居してあわてるアダムたち。これだけは揺るがないと思っていた心の支え的な存在が、絶対的なものではないことに気づいて動揺します。

当たり前だと思っていたことが、実は得がたいものだったことに気づいたとき、人は目が覚めるのですよね。

使える英語フレーズ
  • 「吐く」という意味の動詞。子育て中のママが知っていて損はない表現です。

vomit / puke / barf / throw up / hurl

  • belated apology:もっと前に言うべきだった謝罪の言葉

belated birthday gift:誕生日当日に渡しそびれたプレゼント

【例】誕生日当日にメッセージができなかったとき:

Sorry it’s late… but happy belated birthday!:遅ればせながら、誕生日おめでとう!

  • for some reason:どういうわけか、なぜかわからないけど

よく使う表現です。日本語でも「なんでかかわからないけど」と前置きすることがありますよね。まさにそれ。この some は「なにか、何らかの」という具体的にはわからない何かという意味なので、reason が単数形。複数形の s はつきません。

例文: For some reason, I’m craving pancakes right now.(なぜかわからないけど、いま無性にホットケーキが食べたい!)

Have a wonderful day!

ペアレントフッド5

弁護士ジュリア、専業主婦ママの地雷を踏む!【ペアレントフッド⑤】

2018年10月2日
ペアレントフッド4

元カノが5歳の男の子を連れてきた!「あなたの子よ」と言われたクロスビーは?【ペアレントフッド④】

2018年9月28日
ペアレントフッド3

シングルマザーとティーンエイジャーの長女の会話がリアル!【ペアレントフッド③】

2018年9月26日
ペアレントフッド2

悩んでいる人にかけてあげたい、温かい励ましの英語フレーズ【ペアレントフッド②】

2018年9月22日
ペアレントフッド1

家族ドラマ「ペアレントフッド」で学ぶ英会話とアメリカ子育て【1】

2018年9月19日




ABOUTこの記事をかいた人

映画とドラマをこよなく愛する英語インストラクター。2009年からサンディエゴ在住、元字幕翻訳家。映画とドラマで英語を楽しみながら学ぶ方法を提供中。趣味は映画/ドラマ観賞、読書、ピラティス。娘が2人。